1. HOME
  2. ブログ
  3. オンラインでの介護福祉士国家試験対策がスタートします。

オンラインでの介護福祉士国家試験対策がスタートします。

オンラインでの介護福祉士国家試験対策

対象:介護福祉士国家試験を受験される方
(はじめて国家試験を受験される方、国家試験受験資格をお持ちの方)

会員ページはこちら

※会員登録された方は第29回の国家試験対策、解説を無料で公開しています。

※有料会員になられた方は第30回以降の国家試験対策、解説について順次アップしていきますのでそちらも視聴することができます。

<学習内容>
国家試験対策として、動画視聴を通した学習を進めるなかで各科目で押さえておくべき知識やポイントを学ぶことができます。
〜試験範囲〜
人間の尊厳と自立、人間関係とコミュニケーション、社会の理解、介護の基本、コミュニケーション技術、生活支援技術、介護過程、発達と老化の理解、認知症の理解、障害の理解、こころとからだのしくみ、医療的ケア、総合問題

<学習スタイル>
一人で勉強を続けることが不安な方でも、動画視聴を通し自分のペースで国家試験にのぞむことができます。毎日少しずつでも問題に取り組み、動画を視聴し学びを習慣化していきましょう。

<学習を通し得られるもの>
過去問題の解説を通し、国家試験に出題されてきた内容を把握します。また、支援者としての視点を学び事例問題で求められる支援者としての視点も学んでいきます。

【講師】
教育学修士
社会福祉士、精神保健福祉士、介護福祉士
一般社団法人ココロザシチャレンジ
代表理事 鮫島政志

【講師経歴】

教育分野では教員として国家試験対策講座を担当し現在も社会福祉士養成校や介護職員初任者研修の講師としても講義を担当。個別家庭教師として介護福祉士や精神保健福祉士、社会福祉士の国試対策も実施。
受講生の方へ国家試験の勉強方法、合格までの指導を行なっている。
これまで福祉領域では高齢分野で介護職やサービス提供責任者、障がい分野では相談支援専門員、児童分野においてはスクールソーシャルワーカーなど支援に携わる。

【講師からのメッセージ】
この度はホームページにお越しいただきありがとうございます。
私自身、これまで社会人学生として働きながら三福祉士とよばれる社会福祉士・精神保健福祉士・介護福祉士を取得しましたが、元々福祉の分野を専攻していたわけではありませんでした。
・大学時代、障がいのあるお子さんにボランティアを通して関わらせてもらったこと
・20歳のときに母がうつで他界したこと
などいくつかの出来事が重なり、人に関わる仕事をしたいと考え福祉の分野に進みました。
社会人学生は本当に忙しいです。
仕事や家庭に加えプライベートの傍ら、勉強をしなければいけません。
ときには他のことを犠牲にしながら学ばないといけないこともあるでしょう。
私自身もホームヘルパー2級の資格をとり、特別養護老人ホームで働きながら勉強を続けていました。
それまで勉強する習慣がなかったので仕事のときもお昼の休憩時間に30分、仕事が終わって詰め所(事務所)に1時間残って勉強していました。
そんな経験から独学で学ぶ方のサポートをしたいと考え学校の講師や、独立してからは福祉事業所での国家試験対策講座、三福祉士の国家試験家庭教師を担当させていただきました。

国家試験に関しては過去問題を繰り返し学び、問題の傾向や独特の言い回しに慣れたうえで学習を進めることが大切になってきます。
「動画視聴を通して学びを深めていただきながら、ご自身でも学習を進めていく」
この2つを続けていくことで国家試験合格がかぎりなく近いものとなります。

国家試験まで長いようであっという間かと思います。
介護福祉士を志されているみなさまとともに学んでいくことができましたら幸いです。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

会員ページはこちら

関連記事

kokorozashi diary

2020年4月
« 1月   5月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

一般社団法人ココロザシチャレンジ

〒545−0053 大阪府大阪市阿倍野区松崎町2−5−20ワイズコート松崎町602号室

●出張講師●各種相談対応●個別家庭教師

その他お問い合わせ:

TEL: 06-7709-2664 kokorozashichallenge@yahoo.co.jp